飲食POSレジを導入すれば業務効率をあげることが可能です

SITEMAP

笑顔の女性とタブレット

飲食POSレジは好みに合わせてカスタマイズできる

レジのキー

これまでの飲食POSレジは汎用的なシステムを採用しているものでも、使いやすさを考慮してカスタマイズできないものが多くありました。結果として、飲食店オリジナルのシステムとするには完全な独自設計のものとなり、導入コストが高くなっていました。また、実際の運用に伴い生じた問題にも、改修費用がかかるなど使い勝手の悪いシステムで妥協しなければいけないこともあります。しかし、最新の飲食POSレジならカスタマイズの自由度が高くなっていますのでおすすめです。
今では、飲食POSレジも市販のタブレットや機材と専用アプリと組み合わせることができます。専用アプリといっても、基本動作や機能は汎用的なシステムではあるものの、操作部分はオリジナルなものにカスタマイズすることができます。使いやすさを考慮し、メニュー配置など自由に配置を決めることができます。専用システムのように配置の変更すら時間や費用がかかるのとは異なり、専用アプリを使用するPOSレジなら直ぐに改善対策を行うことができます。また、カスタマイズもプログラミングスキルを必要としないため、スマートフォンやパソコンの操作ができる人なら自由に変更することができます。そのほかにも、使いやすさを考慮する専用アプリはオンラインでシステム更新が可能です。新機能も定期的に追加されたり、不具合が改善されるなど常に使いやすくなっています。

停電時にも使用することができる飲食POSレジ

飲食店で災害などにより停電が発生した際、精算処理に困るといったことは少なくありません。既存の飲食POSレジの多くは、オーダー端末からサーバーへ通信し、管理端末でサーバーを管理するといった方式が多くなっています。そのため、外部電源は必要不可欠であり、電源喪失の際には会計処理すら行えないこともあります。しかし、最新の飲食POSレジは外部電源が不要で、停電時でも使用できるものがあります。
現在主流になりつつある飲食POSレジは、タブレット端末で管理とオーダーをできるものが増えています。さらに専用サーバーでデータ管理するのではなく、インターネット上でクラウド管理が行われます。そのため、タブレット端末の内臓バッテリーやモバイルバッテリーで電源供給が行われていれば、停電時でも利用することができます。インターネット回線に障害が起きていなければ、データ送信も行うことができます。万が一、通信が切断された状態でもタブレット端末内にデータが記録されるため、レジ精算などを停止せずに業務を遂行することが可能です。さらに市販の既製品を使用できるため、導入コストも抑えられます。小型のモバイルバッテリーでもレジ精算に対応できる分の電力を賄えます。また、バッテリー不要のキャッシュドロアを組み合わせることで、緊急時にも使えるシステムを構築することができます。また、外部電源確保が困難な屋外イベントでも活躍します。

飲食POSレジなら面倒な割り勘や領収書発行も効率化できる

飲食店において悩ましいのが、精算金額の割り勘や割り勘した際の領収書発行です。総精算額から一人当たりの金額を算出し、領収書を手書き発行すると業務効率が悪化します。また、既存のレジシステムでお客さんそれぞれに精算対応すると、他のお客さんを待たせることにもなります。そこで、最新の飲食POSレジを導入するのはいかがでしょうか。
今では、飲食POSレジを低コストで導入することができます。また、痒い所に手が届くような機能も充実しています。POSレジ機能として、割り勘や複数枚の領収書発行ができるものもあります。同一精算で領収書を分ける場合でも、領収書の管理番号が個別に付与されるので管理しやすいです。会費制で会社ごとに求める領収書も人数設定をすると一括で印刷することが可能です。また、割り勘した際の精算方法の選択肢も多くなっています。現金だけでなく、クレジットカードや電子マネーなどのキャッシュレス決済を個別に行うことができ、トータルの精算金額と照合するため、計算ミスにより精算金額に過不足が生じるようなこともありません。また、セルフオーダー方式の飲食POSレジならオーダー端末から割り勘や領収書の発行依頼も行うことができ、いざ精算時に対応を求められるようなこともありません。スタッフが準備を整えて幹事に領収書を渡せるなど、レジで長時間お客さんを待たせることもなくなります。

pick up

recent news

TOP