飲食POSレジを導入すれば業務効率をあげることが可能です

SITEMAP

笑顔の女性とタブレット

レジを入れ替えるときは最新の飲食POSレジがおすすめ

レジのお金

飲食店で以前から使用していたレジスターが消費税改正に対応できていない、精算時の計算だけしかできず業務負荷が減らず、経営分析にも役立っていないと不満を感じているなら最新の飲食店向けPOSレジを導入しましょう。消費税改正に対応した安価なレジスターが売られてはいますが、そのようなレジスターでは将来的に軽減税率の改正に対応できないという問題も残ります。また、レジ締めや売上集計は今まで通りとなり、営業終了後に時間をかけることになります。
しかし、最新の飲食店向けPOSレジは既製品のタブレットや安価なキャッシュドロアとプリンタの最小限の機器で構成することが可能です。10万円以下の予算で機材を揃えることができ、専用アプリのインストールでPOSレジが完成します。専用アプリも無料や数千円のランニングコストとなり、売上集計の自動化、販売分析、スタッフの自動シフト編成などの機能を使用できます。また、消費税法の改正もオンラインでシステムのアップデートが行われ、自動的に切り替え可能になっています。そのため、期限までの改修作業に追われることも無くなります。さらに複雑な操作も不要で、全て管理メニューからタッチ操作で行うことができます。営業終了後の締めの作業もワンタッチ操作で完了し、複雑なコマンド操作も不要なため、誰でも精算処理を行うことができます。古いレジを切り替える際に、機能を充実させたいなら飲食店向けのPOSレジを導入しましょう。

pick up

recent news

TOP