飲食POSレジを導入すれば業務効率をあげることが可能です

SITEMAP

笑顔の女性とタブレット

飲食POSレジで間違いなく領収証を発行しよう

POSレジ

飲食店は会社で接待や会議に使用されることも少なくはありません。しかし、レジが古く領収証も手書きという際、正しい精算情報を記載できていないことがあります。会議用の弁当の領収証を手書きしたものの、消費税額や税率を記載せず、後になって領収証の再発行を求められることもあります。そこで、最新の飲食店向けPOSレジを導入して間違いのない領収証を発行しましょう。
消費税法の改正に伴い、現在では消費税が2パターン存在しています。飲食店でも店内での飲食は税率が高く、弁当として持ち帰る場合や出前は軽減税率が適用されます。これまでは消費税は一律になっていたため、消費税額を記載しなくとも判断できたものの、現在は状況が異なります。消費税額や税率を記載していない領収証は不十分で、もらった相手も社内での精算に困ることもあります。ですが、飲食POSレジなら適切な消費税額や税率を記載した領収証を発行することができます。精算時に店内飲食かテイクアウトや出前かを選択するだけで、面倒な税率選択をする必要がありません。飲食POSレジなら軽減税率を理解できていないスタッフでも問題なく対応することができ、後から問い合わせや領収証の再発行で無駄なコストが発生することを抑制することができます。また、税率改正の際にオンラインでシステム更新が行われるため、消費税条件の設定変更に悩まされることもありません。

pick up

recent news

TOP